チェンソー「ハスクバーナ」の安全性について

チェンソーを使う際に最も気になるのが安全性ではないでしょうか。
死亡に至る事故はそれほど多くはないものの、腕や脚に大きな傷を負う事故は
必ずしも少ないとは言えないのが現状です。
チェンソーを用いた労働の現場においては、特別な講習を受けていない場合、
労働安全衛生法の違反に問われることからも、チェンソーが他の道具とは異なるものであることが伺えます。
チェンソーを扱う上で気をつけなければならないのは「キックバック」と呼ばれる現象です。
これは、硬い木などにチェンソーの上部の歯を当てた際に、予想外の動き、
特に操作している自分自身に勢い良く跳ね返ってくるという、極めて危険な性質をもっています。
この現象を防ぐためには、ヘルメットや長袖の防護用作業服、
そして脚部を保護するためのチャップスと言う防護服を着用している必要があります。
このキックバックを防ぐため、一般的なチェンソーには自動ブレーキが装備されています。
これはチェンソーが操作者の意図しない動きをした場合に、自動的にエンジンを停止、
歯にブレーキをかける働きを持っています。
さらに、ハスクバーナのチェンソーの場合には、より進歩した「慣性チェンブレーキ」が搭載され、
安全性が増しています。これは、キックバックの勢い(=慣性)によってブレーキをかけることで、
突然の意図しない動きに対応することができるのです。
いずれにせよ、チェンソーを扱う際には適切な防護服を着用し、
例えばハスクバーナの発行しているチェンソーの教則本などに則って安全第一を心がけることが大切でしょう。
実際に購入するには、こちらのショップでどうぞ